親への困ったを考える


家族のことは

超プライベート。

特に子供のことはまだ相談できても

親のことを相談するのは

恥ずかしい・・・

そう言う方

まだまだ

多いです。

子供は基本的に親や兄弟は選べないので

えらい迷惑を請け負ってしまう

場合も多いです。

(ここでは子供は親を選んで〜とかは

ひとまず置いておきます。)

でも

迷惑を受けるのは

ある程度仕方ないんだけど

犠牲になるのは違います。

なんでもそうですが

犠牲になりすぎると

こちら側が病気になります。

迷惑と犠牲の

境界線って

わかりにくいですが

それは

多数の周りの意見や

ご自身でよく考えてみたら

いいと思います。

線引きは重要。

迷惑では傷ができ

犠牲になると死に直結します。

親の犠牲になりそうなら

それは一旦離れて

冷静になった方が

いいと思います。

子供でも

友人でも

会社でも

そうです。

相手が親の場合

こちらの弱点や

どうやればこちらが動くか

手に取るように

わかるんですよね。

最強のおイタを

仕掛けてきます。

でも本人は

いいことやってると

思い込んでる。

親の愛とかがからんでくるから

余計にややこしいです。

親も必死。

ついでに未熟。

考えなしに

当たり前のように

それをやってくるという場合は

もう習慣化していたり

許してもらえるといった

甘えもあります。

さぁどうしよう。

ここは

一つの提案ですが

愛がえしー

いかがでしょうか?

その魔術ワードは

かわいい。

なにやってもかわいい。

成長中。

そして

それによって

私も成長させてもらってます。

見守ってください。

墓参りを

生きているうちからやる感じ

でもあるんですが

愛をまいておくという方法は

結果自分が楽になります。

子供のおイタや迷惑は

小さかった・成長中だから許せますよね。

子供の母として成長もしました。

今度は

想像力で親を子供に

自分を親にしてみます。

わがままを

押し付けたり

自分が正しい

ってやってきたら

相手のいいなりにならないよう

いつもの罠に

引っかからないように

注意深く

まず止まる。

どうしてそう思うの〜?

なんでこれをしたの〜?

すると

え?

だってだって〜

がはじまりませんか?

そして

その結末

加齢を認められない

自分の立場を受け入れられない

さみしい・怖い

とか

出て来ませんか?

聞いてあげましょう。

痴呆も成長

抑圧がかかっていた人に

起こりやすい最終成長の過程だと

私は常々思っています。

でも

くれぐれも

犠牲になって

疲れすぎないように。

かわいい。

かわいい。

いい子いい子。

ボケているから

わかってないなんて

ないからね。

子供が

その時のことを

覚えていないのと

同じです。

そっか〜

そっか〜

ありがとね〜

ありがとね〜

私は同じ話を何回も聞き

ずっと言い続けています。

すると

ででてくる

ぼろっと本音。

そこを見逃さない。

何が核心か。

何のこだわりが苦しめているのか。

困ってたら

きちんと

手を差し伸べてあげる。

こちらがやり過ぎないし

我慢させ過ぎない。

でほっとかない。

待つ。

何に本当に困っているのかを

見極めてあげて

本当にそれは必要な行動なのか

相手の人権を奪っていないか

ご自身でわかってもらうことが

重要です。

親ってね

本当にすごいこと

(でも大したことないこと)

してくるんですよね〜

でもね

事実

時代は流れてるのよ〜〜

誰だって

それを目の当たりにしてるのよ〜

ヨーロッパは

古き良きものを大事にしている

って言いますけど

大事にしながら

時代にマッチさせてますからね。

外から古いままに見える家

中はものすごいハイテクだったり

します。

そこを

あの時のままで〜

っていうのは

経年劣化と

時代の流れの

アンバランスを

どう思っているのか?

ということになります。

そこのところ

ヨーロッパは

カスタマイズ力

すごいです。

いいものを残しつつ

新しいものを導入して

よくなかったら戻すのも

お早いです。

もちろん

間違いはあるんですよ。

命にかかわらない

ちょっとの迷惑は

日本とくらべると多いです。

お互い様なので

許してあっています。

でも

犠牲には

ならない。

そんな正論は

届かないので

ご自身の中にしまいつつ

相手目線で

話しましょう。

でも一線引く。

もちろん

エネルギーは

すごく持っていかれますが

そこはスパッとあげて

ご自身はしっかりケアをして

あげてください。

でも

これをやると

お互い楽になって

家系の問題も

抜けていきますので

オススメです。

うちにもいるよ

たまに

可愛さ余る母と義母。

彼女らは彼女らで

精一杯。

かわいいよ〜

なにやってもかわいい

と同時に相当強烈よ〜

誰に言っても。。。

どちらも夫が早く亡くなり

ストッパーがいないもので

娘や息子へ

おイタがたまんないときも

ありました・ありますよ〜

世間さんから見たら

よくやっている親に見えますが

子供も大変なのです。

こりゃ困ったな

そんな時に

考えた末の

愛返し作戦。

お互いの今後のために

注意深く

winwinで

行くことに

私は覚悟を決めました。

色々なことを

学ばせてもらっています。

それを決めて数年

私が変われば

相手が変わりました。

いろんなことが

いい方向へ

変化しています。

このまま続け笑。

本日も

最後までご覧くださり

ありがとうございます❤︎

詳しい内容・ご相談・ご予約は【メニュー】へどうぞ!

About the Salon Topics

About the Salon Topics

本来の

アロマセラピー

ご自身の

豊かな人生・いのちに

「愛」を注ぎ

幸せの中に浸かりながら

さらに幸せに

なりませんか?

グリーンサークル は

ドイツのアロマケアを通して

あなたの「問題」を

「解決」に向け

サポートしてゆく

サロンです。

「自己治癒力」を発動させ

「元気」に

なりましょう!

来られた方は

悩んでいる間・

他のサロンに3回行くより

早く当サロンに

来ればよかったetc……

ありがたい

お声を

いただいております。

☆施術のご予約は

下記2パターンの

どちらからでもOKです☆

①【ホームページ・ご予約お問い合わせ】

②【直メールアドレス】

yukari01067@gmail.com

※現在ご予約が

取りにくくなっておりますので

直メールの場合も

第3希望日まで

書いてくださいね。

なるべく早めにお返事するよう

努めておりますが、

施術中などの理由により、返信が

遅くなってしまうことが

ございます。

あらかじめご了承ください。

また

【当日の予約】

につきましては

現在

大変予約が取りにくく

なっております。

翌日・翌々日のご予約

でしたら

予約があいている限り

承ることが可能ですので

ご相談ください!

ドイツの自然療法が教えてくれた 自然のチカラで

貴方も私も元気に

ドイツ式自然療法

アロマケアサロン

グリーンサークル

◇営業時間:月〜金曜 9時〜19時

      土曜 9時〜12時

日曜祝日休業

◇アクセス:東京都・港区・

麻布十番駅より徒歩5分

    (東京メトロ南北線・

都営大江戸線)

      ※予約後に

      住所はお伝えします。

◇都内、出張化

◇完全予約制

◇カウンセリング有

◇親子入室化

◇オーダーメイド施術可能

ご相談等もお気軽にどうぞ。

▪️誤解してませんか?ドイツ医療のホント

現在の日本では

【現代医学】(外科手術・化学療法など)=【西洋医学】

【伝統的中国・日本式医学】(漢方・鍼灸療法など)=【東洋医学】

と一般的には思われ、

欧米には【東洋医学】でイメージされる領域はないと思われがちですが

実際、世界有数の医療先進国であるドイツには

【現代医学】(外科手術・化学療法など)と

【自然療法(Heilpraktik, ハイルプラクティク)】

(ホメオパシー療法、フラワーエッセンス療法、アロマセラピー・アロマケア)

などを行う2つの大きな医療体系があります。

▪️アロマケア?エステのようなもの?

日本では、一般的に「アロマセラピー」というと、リラクゼーションサロンやエステサロンなどで、筋肉の緊張緩和を目的とした「マッサージ」や「美容」のためにごく少量の精油を使用したり、お部屋に精油を焚くことでその効果を促しています。

それに対してドイツでは

「アロマセラピー」や「アロマケア」は専門家が医療機関で行う医療行為です。

そしてその治療領域は非常に広く、

脳・神経・心理の分野、手術後のリハビリテーションとしての回復・緩和ケア、長期療養ケアに焦点があてられ

【現代医学】とも連携して行われているのが特徴です。

また、昨今ではスポーツを含めたプロフェッショナルへのケアや世界的なウェルネス思考(健康で豊かな人生、輝く人生を送る)への動きに合わせ、さらに注目されています。

その背景には、医療先進国でありながら、化合物の投薬や外科的手術は極力避けたいという考え方も未だに根強くあること、また自然療法が医療として信頼感を持てる制度・土壌が整っていること、そしてそれにまつわる非常に長い歴史が彼らにはあるということです。

▪️グリーンサークルのアロマケアについて

当サロンでは、

ドイツに住み、