ドイツ人は○○が一番怖いことを知っているから


ドイツ人には

お化けとか幽霊とかの話は

あんまり響きません。

エンタメとしては

楽しみますが

怖がりません。

それより

怖いのは人間

そして

人間の「恐怖」だ

ということを

第二次世界大戦

そしてその後の時代を通して

知っています。

私は広島出身で

日本の中では

第二次世界大戦に関して

重みを感じてきた人間ですが

ドイツのベルリンに住み

同じ敗戦国なのに

第二次世界大戦後の歩みかたが

こんなに違ったのかということを

まざまざと知ったのであります。

教科書では

もちろん知っていましたが

教訓としての落とし込み(反省)

またそれを生かして歩む(再生)

という姿勢が強烈に違いました。

昨日のブログで

ドイツの友人たちが

それぞれの仕事の

立場もありますが

今一生懸命

「不安・恐怖」の火消しに

前進的に取り組んでいます

とお伝えしました。

これは

「不安や恐怖」を

押さえ込めと

言ってまわっているわけではないのです。

ですが

その恐怖は

本当にあなたにとって

大切なものでしょうか?

幸せを運んできてくれるもの

でしょうか?

不必要な「不安・恐怖」は

ストレスと結びつき

深く体力や思考を消耗させてゆき

いらぬ弊害

人間の怖い言動や行動

を発令させることがあります。

ドイツの黒歴史も恐怖から

始まりました。

「不安・恐怖」は

よーく観察し

本当に必要な行動なのかを

見直すことが必要です。

不安という感情は

人間なので

もちろん持ってもいいですが

それを不必要に

ご自身や周りに撒き散らすと

よからぬ類もまた友を呼ぶ

となることも多く

さらに

あなたのエネルギーも

周りのエネルギーも

侵食し消耗させてゆきます。

個人1人の

ご自身で抱えきれない

暗いエネルギーが

周りをどんどん巻き込んでゆく

ことがある

というのは

皆さんも経験が

あると思います。

こういう時は

気分転換やどうしてもの時は

専門家を頼るのが

望ましいです。

変なことをすると

自身を傷つけることにも

なりかねません。

ですが

そういうエネルギーに

揺すぶられないためにも

自己をしっかり持つためにも

ご自身でできることも

たくさんあります。

とにかくまずは

リラックスと余裕を

持ちましょう。

深呼吸やアロマや音楽や

素敵なもので

自分を満たし

邪気を身体から

抜きましょう。

換気をよくして

栄養のある食事をとり

笑顔を忘れず

ゆっくり寝ましょう。

いい気分でいることは

別に不謹慎ではなく

とても大事な事です。

いい気分で

そういう方々に会うと

その方々の暗いエネルギーに

巻き込まれず

さらにできるかたは

相手の状況を

冷静かつ客観的に分析し

思いやりの行動を

持つことができます。

いま日本は

新型コロナの検査を

あまりしていません。

それは政府の考えなので

私たちがとやかく言うことでは

ありませんが

このウイルスや

その関連の事柄への

恐怖や不安

そして余裕のなさから

差別的な動きや

モラルや思いやりのない行動が

残念ながら出てきています。

私の周りのドイツ人の

友人たちや先生方は

モラルや差別に関して

非常に敏感でした。

特に語学学校の先生は

たくさんの人種があつまり

価値観もバラバラな生徒の中で

そのようなことがあった時は

(よくありました)

すぐ飛んできて

とことん話し合いを

してくれていました。

人を侵害した理由が

みんながやっていたから

という事は許されません。

逆に1人だったのしても

素晴らしい行動や意見をする

そういう事が評価されます。

そして意見を貫くという事が

頑固・頑なにというのではなく

経験を通して

変わったという事も

評価されます。

日本は今までにのっとり

変えないといことが

美徳とされる部分が

ありますが

学び

1人の人間として

これから

どうするのか

を考える方が

大切です。

他人への尊重を

侵害した場合においては

あなたの国では

それが当たり前で

まかり通ったとしても

それはベルリンにおいては

厳しい判断がくだされ

とても幼稚で後進的と

いう感覚で扱われます。

特に

選民主義的な思想や差別は

不必要な人間の間違った

思い込みによって

なされる(なされた)ことです。

その根源は

恐怖や不安

そして余裕のなさです。

そしてドイツ人たちは

言います。

私たちはもう充分に

その怖さを学んだはずだと。

知ったなら

その後

私たちは

どう生きるのか

どう行動するのか

あなたの意思さえあれば

変えることができます。

わたしは

ドイツに

たくさんのことを

学ばせてもらいました。

繰り返しますが

人は意思さえあれば

変われます。

よく考えて

ご自身の素晴らしい道を

歩まれますように。

繰り返しますが

「不安や恐怖」を

押さえ込めと言っている

わけではありません。

湧いてくるものは

仕方ないし

そこが問題では

ありません。

湧いたら立ち止まりケアを

何回もすればいいんです。

これはトレーニングでも

あります。

積み重ねてゆくと

段々自身がブレなく

優しく強く

なってゆきます。

ご自身を

自然や植物など

様々なアイテムで

癒してあげてくださいね。

本日も

最後までご覧くださり

ありがとうございます❤︎

詳しい内容・ご相談・ご予約は【メニュー】へどうぞ!

About the Salon Topics

About the Salon Topics

本来の

アロマセラピー

ご自身の

豊かな人生・いのちに

「愛」を注ぎ

幸せの中に浸かりながら

さらに幸せに

なりませんか?

グリーンサークル は

ドイツのアロマケアを通して

あなたの「問題」を

「解決」に向け

サポートしてゆく

サロンです。

「自己治癒力」を発動させ

「元気」に

なりましょう!

来られた方は

悩んでいる間・

他のサロンに3回行くより

早く当サロンに

来ればよかったetc……

ありがたい

お声を

いただいております。

☆施術のご予約は

下記2パターンの

どちらからでもOKです☆

①【ホームページ・ご予約お問い合わせ】

②【直メールアドレス】

yukari01067@gmail.com

※現在ご予約が

取りにくくなっておりますので

直メールの場合も

第3希望日まで

書いてくださいね。

なるべく早めにお返事するよう

努めておりますが、

施術中などの理由により、返信が

遅くなってしまうことが

ございます。

あらかじめご了承ください。

また

【当日の予約】

につきましては

現在

大変予約が取りにくく

なっております。

翌日・翌々日のご予約

でしたら

予約があいている限り

承ることが可能ですので

ご相談ください!

ドイツの自然療法が教えてくれた 自然のチカラで

貴方も私も元気に

ドイツ式自然療法

アロマケアサロン

グリーンサークル

◇営業時間:月〜金曜 9時〜19時

      土曜 9時〜12時

日曜祝日休業

◇アクセス:東京都・港区・

麻布十番駅より徒歩5分

    (東京メトロ南北線・

都営大江戸線)

      ※予約後に

      住所はお伝えします。

◇都内、出張化

◇完全予約制

◇カウンセリング有

◇親子入室化

◇オーダーメイド施術可能

ご相談等もお気軽にどうぞ。

▪️誤解してませんか?ドイツ医療のホント

現在の日本では

【現代医学】(外科手術・化学療法など)=【西洋医学】

【伝統的中国・日本式医学】(漢方・鍼灸療法など)=【東洋医学】

と一般的には思われ、

欧米には【東洋医学】でイメージされる領域はないと思われがちですが

実際、世界有数の医療先進国であるドイツには

【現代医学】(外科手術・化学療法など)と

【自然療法(Heilpraktik, ハイルプラクティク)】

(ホメオパシー療法、フラワーエッセンス療法、アロマセラピー・アロマケア)

などを行う2つの大きな医療体系があります。

▪️アロマケア?エステのようなもの?

日本では、一般的に「アロマセラピー」というと、リラクゼーションサロンやエステサロンなどで、筋肉の緊張緩和を目的とした「マッサージ」や「美容」のためにごく少量の精油を使用したり、お部屋に精油を焚くことでその効果を促しています。

それに対してドイツでは

「アロマセラピー」や「アロマケア」は専門家が医療機関で行う医療行為です。

そしてその治療領域は非常に広く、

脳・神経・心理の分野、手術後のリハビリテーションとしての回復・緩和ケア、長期療養ケアに焦点があてられ

【現代医学】とも連携して行われているのが特徴です。

また、昨今ではスポーツを含めたプロフェッショナルへのケアや世界的なウェルネス思考(健康で豊かな人生、輝く人生を送る)への動きに合わせ、さらに注目されています。

その背景には、医療先進国でありながら、化合物の投薬や外科的手術は極力避けたいという考え方も未だに根強くあること、また自然療法が医療として信頼感を持てる制度・土壌が整っていること、そしてそれにまつわる非常に長い歴史が彼らにはあるということです。

▪️グリーンサークルのアロマケアについて

当サロンでは、

ドイツに住み、

ハイルプラクティカリン(自然療法医)から直接指導を受け、

ドイツプリマヴェーラ社の【治療、薬理、医療的健康促進のための芳香ケア】の資格を持つセラピストが、

ひとりひとりのお悩みに耳を傾け、カウンセリングを行いながら

ドイツより直輸入した医療グレードのアロマオイルで

【あなたの本来持つ生命力】を呼び起こし【問題を解決】に導きます。

▪️当サロンは【持病】や【改善したい問題】のある方でも安心して来られているのが特徴です。

扱った症状はメニューからどうぞ。

※ただし、病院からその時分にセラピーを禁止されている方、状況によって他の治療に専念した方がいい方、また他のセラピーの方が向いていると判断した場合は、必ずお伝えし、これまで100%ご納得ご理解頂いております。その場合でも、グリーンサークルは、一人一人にあった治療で回復に向かっていただく為、私の知りうる限り最善のご提案をするよう心がけております。ご自身でアロマケアが受けれるかどうかわからない場合もお気軽にご相談ください。

〜その他、下記ののようなお悩みをお持ちの方もサロンに来られています(解決済み・解決中)〜

調子がなんとなく良くないけれど、病院に行くのが怖い・恥ずかしい

病院に行って治療や薬、色々なことをしているけど成果がいまいち

人には言えない悩みがある・持っている悩みを相談できる人がいない

子育て・子離れ・親・兄弟・親戚・介護・夫婦間など解決したい家族問題がある

感情コントロールができるようになりたい

気が散る・注意力が落ちている

恋愛やお付き合いがイマイチうまくいかない 職場での悩みがある

困っているけど原因が何かわからず進めない

薬以外の方法で症状を手放したい

体質改善をしたい

元気になりたい

健康パフォーマンスをあげたい方・キープしたい方

人生への悩みがある

他の方を救ってあげたい

嫌なエネルギーをキャッチしやすい

新しいキャリアや人生を築くパワーが欲しい

などなど

サロンでお会い出来る日を

 楽しみにしております

グリーンサークル

かわの ゆかり

About the Salon Topics

秋冬に向けて整えたい!

何か成し遂げたい!

新しいことをしたい!

もしくは

秋がどうも苦手…

スムーズに行かない…

やる気が出ない…

そわそわ落ち着かない…

など

ご自身の

小さな変化を

察知されている方

見逃さないで!

秋は

育み・冬に備え

心身のエネルギーを

充満させてゆく種を蒔く

または

春・夏に「種」を育てた方は

花を咲かせる

絶好の機会です。

質の高いアロマ

ご自身の

豊かな人生・いのちに

「愛」を注ぎ

幸せの中に浸かりながら

さらに幸せに

なりませんか?

グリーンサークル は

ドイツのアロマケアを通して

あなたの「問題」を

「解決」に向け

サポートしてゆく

サロンです。

「自己治癒力」を発動させ

「元気」に

なりましょう!

来られた方は

悩んでいる間・

他のサロンに3回行くより

早く当サロンに

来ればよかったetc……

ありがたい

お声を

いただいております。

☆施術のご予約は

下記2パターンの

どちらからでもOKです☆

①【ホームページ・ご予約お問い合わせ】

②【直メールアドレス】

yukari01067@gmail.com

※現在ご予約が

取りにくくなっておりますので

直メールの場合も

第3希望日まで

書いてくださいね。

なるべく早めにお返事するよう

努めておりますが、

施術中などの理由により、返信が

遅くなってしまうことが

ございます。

あらかじめご了承ください。

また

【当日の予約】

につきましては

現在

大変予約が取りにくく

なっております。

翌日・翌々日のご予約

でしたら

予約があいている限り

承ることが可能ですので

ご相談ください!

ドイツの自然療法が教えてくれた 自然のチカラで

貴方も私も元気に

ドイツ式自然療法

アロマケアサロン

グリーンサークル

◇営業時間:月〜金曜 9時〜19時

      土曜 9時〜12時

日曜祝日休業

◇アクセス:東京都・港区・

麻布十番駅より徒歩5分

    (東京メトロ南北線・

都営大江戸線)

      ※予約後に

      住所はお伝えします。

◇都内、出張化

◇完全予約制

◇カウンセリング有

◇親子入室化

◇オーダーメイド施術可能

ご相談等もお気軽にどうぞ。

▪️誤解してませんか?ドイツ医療のホント

現在の日本では

【現代医学】(外科手術・化学療法など)=【西洋医学】

【伝統的中国・日本式医学】(漢方・鍼灸療法など)=【東洋医学】

と一般的には思われ、

欧米には【東洋医学】でイメージされる領域はないと思われがちですが

実際、世界有数の医療先進国であるドイツには

【現代医学】(外科手術・化学療法など)と

【自然療法(Heilpraktik, ハイルプラクティク)】

(ホメオパシー療法、フラワーエッセンス療法、アロマセラピー・アロマケア)

などを行う2つの大きな医療体系があります。

▪️アロマケア?エステのようなもの?

日本では、一般的に「アロマセラピー」というと、リラクゼーションサロンやエステサロンなどで、筋肉の緊張緩和を目的とした「マッサージ」や「美容」のためにごく少量の精油を使用したり、お部屋に精油を焚くことでその効果を促しています。

それに対してドイツでは

「アロマセラピー」や「アロマケア」は専門家が医療機関で行う医療行為です。

そしてその治療領域は非常に広く、

脳・神経・心理の分野、手術後のリハビリテーションとしての回復・緩和ケア、長期療養ケアに焦点があてられ

【現代医学】とも連携して行われているのが特徴です。

また、昨今ではスポーツを含めたプロフェッショナルへのケアや世界的なウェルネス思考(健康で豊かな人生、輝く人生を送る)への動きに合わせ、さらに注目されています。

その背景には、医療先進国でありながら、化合物の投薬や外科的手術は極力避けたいという考え方も未だに根強くあること、また自然療法が医療として信頼感を持てる制度・土壌が整っていること、そしてそれにまつわる非常に長い歴史が彼らにはあるということです。

▪️グリーンサークルのアロマケアについて

当サロンでは、

ドイツに住み、

ハイルプラクティカリン(自然療法医)から直接指導を受け、

ドイツプリマヴェーラ社の【治療、薬理、医療的健康促進のための芳香ケア】の資格を持つセラピストが、

ひとりひとりのお悩みに耳を傾け、カウンセリングを行いながら

ドイツより直輸入した医療グレードのアロマオイルで

【あなたの本来持つ生命力】を呼び起こし【問題を解決】に導きます。

▪️当サロンは【持病】や【改善したい問題】のある方でも安心して来られているのが特徴です。

扱った症状はメニューからどうぞ。

※ただし、病院からその時分にセラピーを禁止されている方、状況によって他の治療に専念した方がいい方、また他のセラピーの方が向いていると判断した場合は、必ずお伝えし、これまで100%ご納得ご理解頂いております。その場合でも、グリーンサークルは、一人一人にあった治療で回復に向かっていただく為、私の知りうる限り最善のご提案をするよう心がけております。ご自身でアロマケアが受けれるかどうかわからない場合もお気軽にご相談ください。

〜その他、下記ののようなお悩みをお持ちの方もサロンに来られています(解決済み・解決中)〜

調子がなんとなく良くないけれど、病院に行くのが怖い・恥ずかしい

病院に行って治療や薬、色々なことをしているけど成果がいまいち

人には言えない悩みがある・持っている悩みを相談できる人がいない

子育て・子離れ・親・兄弟・親戚・介護・夫婦間など解決したい家族問題がある

感情コントロールができるようになりたい

気が散る・注意力が落ちている

恋愛やお付き合いがイマイチうまくいかない 職場での悩みがある

困っているけど原因が何かわからず進めない

薬以外の方法で症状を手放したい

体質改善をしたい

元気になりたい

健康パフォーマンスをあげたい方・キープしたい方

人生への悩みがある

他の方を救ってあげたい

嫌なエネルギーをキャッチしやすい

新しいキャリアや人生を築くパワーが欲しい

などなど

サロンでお会い出来る日を

 楽しみにしております

グリーンサークル

かわの ゆかり

#自然の力 #植物療法 #aroma #ハイルプラクティク #感情コントロール #セラピスト #エッセンシャルオイル #アロマセラピスト #ベルリン #ドイツ #植物のチカラ #自然療法科 #海外で働く #疲労 #意識 #aromacare

ドイツ式自然療法メディカルアロマケアサロン
Green Circle 東京
 通常営業時間:月〜金曜 9時〜19時(最終受付)
        土曜 9時〜12時(最終受付)
     日曜祝日休業
オンライン施術は通常営業時間以外でも調整いたします。
お気軽にお申し付けください。

お問い合わせ Mail:yukari01067@gmail.com

​Heal your body with German Organic Oil
Copyright © Green Circle, All rights reserved.
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon