ヨーロッパの修道院医療 その1


今日から2回に分けて

ドイツの現代自然療法の

源流の一つ

修道院医療のお話を

しようと思います。

今日は

第一弾

・修道院と医療が

   なぜ結びつくの??

・そんな感覚、日本にありますか?

というお話です。

修道院と医療??

とはてなマークが出た方も

いらっしゃると思います。

私もドイツに行くまで

その一人でした。

最近は

ドイツの自然療法といえば

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン氏

取り上げられることが

多くなったので

ご存知方も多いと思いますが

ヨーロッパでは

紀元前から

教会や修道院は

医療機関としての役割を持っており、

修道女や修道士が神に仕えるために

病人を集めて日常生活上の世話・看護をしていました。

そこで薬として使われていたのが

紀元前から続く人々の知恵

ハーブなどの自然由来のもので

ドイツ地域においては、

西暦800年には全ての修道院の庭で

何の薬草(ハーブ)を育て精製しているのか

提出する法律が制定されていました。

ローズ、アイリス、バジル、

フェンネル、コリアンダー

は積極的に治療に使用され

修道院が調合レシピを次々開発し使用。

その後、18世紀に入り

宗教から徐々に医療は切り離されていきますが

今でもプライベート病院は

宗教系列に属するものが多く

私達が思う以上に

今でも自然療法や

植物での治療に安心感を持っています。

文字で言ってもよくわからないと思うので

今日は

私のドイツ時代の語学テキストを引っ張り出して

感覚でわかってもらえたらと思います!

この写真は

「病院に行く」という課のものです。

この課

ものすごく上級というわけではなく

実は初歩の辺りなのですが

(私の必死の書き込み失礼します……)

科目タイトルは

Geben Sie ihm doch diesen Tee !

彼にこのお茶をあげて!

というもの。

ドイツ文化ゼロで渡った私、

これを習ったのは

ドイツ語を習い始めて2ヶ月目の項です。

最初タイトルを見ながら

なんで病気の課で

シスターがお茶(ハーブティー)をあげるの?

と思ったんですよね。

ちなみに次のページには

病気になって病院に行って

どういう風に対応するかのレッスンです。

でも中には

こんな感じで医者じゃなくて

シスターが何故か薬剤師みたいな感じで

立っているものもあり…↓↓↓

これって変じゃない??

と思いました。

久々にテキストを見返して

当時の心境が思い出されてきましたので

一部を取り上げてみます。

=シチュエーションA=

修道院のシスターアンゲラさんを

あるお嬢さんが訪ねる。

=会話=

彼女:彼が病気なんです。2日前から頭痛で寝込んでいます。

シスター:熱があるなら彼は病院に行かなきゃ!

     ないなら彼にこのお茶を飲ませてあげてね。

ざっくりいうとこんな感じ。

病気の相談に

シスターのところに行く??

(ゆかり心の声・・・)

シスター病気に大活躍!

医者でなく・・・

こんな感じで・・・↓

当時、

繰り返しますが

私はお茶にそんな効果があるなんていう事も

ハーブに効能がある事もまだ知りませんでしたので

文法でなくシチュエーションに

?????

でした。

ですが

当時のクラスは

ほぼ私以外ヨーロピアンで

なーんにも気にしていなさそう。

むしろ

あーカモミールいいよね!とか

私はあのショップに行って買う!とか楽しそう。

で、休憩時間に友人に聞いてみました。

私:ねぇ、なんで熱が出たら修道院でハーブなの?

友人:ん???え???そこ???

私:そうじゃないよ。

  病気をすると、病院はわかるけど、

  修道院っていうこのシチュエーションがわからない。

  病気で修道院に行くっていう選択肢が日本にはない。

友人:あぁそうなんだ。古いスタイルだから今はあまりないけど

   昔は修道院が病院を兼ねてたところが多かったよ。

   今もあるよ。薬局とか修道院系列多いよ。

   私が小さい頃も、

   お腹が痛いとかちょっとした事で調子が悪くなると

   修道院に行ってハーブをもらって

   そこで治るものはそこで治して

   ひどい時に病院に行くの。

   かかりつけ医みたいな感じよね。

・・・・・・。

なんじゃそりゃ?

知らなかったよ。

カルチャーショックでしたね。

テキストにはこんな部分も

ビーブラッハ修道院、アンゲラさんの

”自然で治そう”という本が発売とのコラムも。

そんな感じで

修道院と医療は非常に仲良し

かつ長い歴史が。

そして1939年には

ハイルプラクティカー法(自然療法法)が制定され

修道院医療は正式に医療の中に入ってゆくこととなります。

現在、ドイツのハイルプラクティカー(自然療法医)が

行う治療は

修道院での自然療法も

もちろん流れを汲み

また医療の進歩とともに

新しい部分もあります!

第二部は

ヨーロッパ地域の修道院での

自然療法が大切にしていたもの

をお送りしたいと思います!

本日も

最後までご覧くださり

ありがとうございます❤︎

詳しい内容・ご相談・ご予約は【メニュー】へどうぞ!

About the Salon Topics

秋冬に向けて整えたい!

何か成し遂げたい!

新しいことをしたい!

もしくは

秋がどうも苦手…

スムーズに行かない…

やる気が出ない…

そわそわ落ち着かない…

など

ご自身の

小さな変化を

察知されている方

見逃さないで!

秋は

育み・冬に備え

心身のエネルギーを

充満させてゆく種を蒔く

または

春・夏に「種」を育てた方は

花を咲かせる

絶好の機会です。

質の高いアロマ

ご自身の

豊かな人生・いのちに

「愛」を注ぎ

幸せの中に浸かりながら

さらに幸せに

なりませんか?

グリーンサークル は

ドイツのアロマケアを通して

あなたの「問題」を

「解決」に向け

サポートしてゆく

サロンです。

「自己治癒力」を発動させ

「元気」に

なりましょう!

来られた方は

悩んでいる間・

他のサロンに3回行くより

早く当サロンに

来ればよかったetc……

ありがたい

お声を

いただいております。

☆施術のご予約は

下記2パターンの

どちらからでもOKです☆

①【ホームページ・ご予約お問い合わせ】

②【直メールアドレス】

yukari01067@gmail.com

※現在ご予約が

取りにくくなっておりますので

直メールの場合も

第3希望日まで

書いてくださいね。

なるべく早めにお返事するよう

努めておりますが、

施術中などの理由により、返信が

遅くなってしまうことが

ございます。

あらかじめご了承ください。

また

【当日の予約】

につきましては

現在

大変予約が取りにくく

なっております。

翌日・翌々日のご予約

でしたら

予約があいている限り

承ることが可能ですので

ご相談ください!

ドイツの自然療法が教えてくれた 自然のチカラで

貴方も私も元気に

ドイツ式自然療法

アロマケアサロン

グリーンサークル

◇営業時間:月〜金曜 9時〜19時

      土曜 9時〜12時

日曜祝日休業

◇アクセス:東京都・港区・

麻布十番駅より徒歩5分

    (東京メトロ南北線・

都営大江戸線)

      ※予約後に

      住所はお伝えします。

◇都内、出張化

◇完全予約制

◇カウンセリング有

◇親子入室化

◇オーダーメイド施術可能

ご相談等もお気軽にどうぞ。

▪️誤解してませんか?ドイツ医療のホント

現在の日本では

【現代医学】(外科手術・化学療法など)=【西洋医学】

【伝統的中国・日本式医学】(漢方・鍼灸療法など)=【東洋医学】

と一般的には思われ、

欧米には【東洋医学】でイメージされる領域はないと思われがちですが

実際、世界有数の医療先進国であるドイツには

【現代医学】(外科手術・化学療法など)と

【自然療法(Heilpraktik, ハイルプラクティク)】

(ホメオパシー療法、フラワーエッセンス療法、アロマセラピー・アロマケア)

などを行う2つの大きな医療体系があります。

▪️アロマケア?エステのようなもの?

日本では、一般的に「アロマセラピー」というと、リラクゼーションサロンやエステサロンなどで、筋肉の緊張緩和を目的とした「マッサージ」や「美容」のためにごく少量の精油を使用したり、お部屋に精油を焚くことでその効果を促しています。

それに対してドイツでは

「アロマセラピー」や「アロマケア」は専門家が医療機関で行う医療行為です。

そしてその治療領域は非常に広く、

脳・神経・心理の分野、手術後のリハビリテーションとしての回復・緩和ケア、長期療養ケアに焦点があてられ

【現代医学】とも連携して行われているのが特徴です。

また、昨今ではスポーツを含めたプロフェッショナルへのケアや世界的なウェルネス思考(健康で豊かな人生、輝く人生を送る)への動きに合わせ、さらに注目されています。

その背景には、医療先進国でありながら、化合物の投薬や外科的手術は極力避けたいという考え方も未だに根強くあること、また自然療法が医療として信頼感を持てる制度・土壌が整っていること、そしてそれにまつわる非常に長い歴史が彼らにはあるということです。

▪️グリーンサークルのアロマケアについて

当サロンでは、

ドイツに住み、

ハイルプラクティカリン(自然療法医)から直接指導を受け、

ドイツプリマヴェーラ社の【治療、薬理、医療的健康促進のための芳香ケア】の資格を持つセラピストが、

ひとりひとりのお悩みに耳を傾け、カウンセリングを行いながら

ドイツより直輸入した医療グレードのアロマオイルで

【あなたの本来持つ生命力】を呼び起こし【問題を解決】に導きます。

▪️当サロンは【持病】や【改善したい問題】のある方でも安心して来られているのが特徴です。

扱った症状はメニューからどうぞ。

※ただし、病院からその時分にセラピーを禁止されている方、状況によって他の治療に専念した方がいい方、また他のセラピーの方が向いていると判断した場合は、必ずお伝えし、これまで100%ご納得ご理解頂いております。その場合でも、グリーンサークルは、一人一人にあった治療で回復に向かっていただく為、私の知りうる限り最善のご提案をするよう心がけております。ご自身でアロマケアが受けれるかどうかわからない場合もお気軽にご相談ください。

〜その他、下記ののようなお悩みをお持ちの方もサロンに来られています(解決済み・解決中)〜

調子がなんとなく良くないけれど、病院に行くのが怖い・恥ずかしい

病院に行って治療や薬、色々なことをしているけど成果がいまいち

人には言えない悩みがある・持っている悩みを相談できる人がいない

子育て・子離れ・親・兄弟・親戚・介護・夫婦間など解決したい家族問題がある

感情コントロールができるようになりたい

気が散る・注意力が落ちている

恋愛やお付き合いがイマイチうまくいかない 職場での悩みがある

困っているけど原因が何かわからず進めない

薬以外の方法で症状を手放したい

体質改善をしたい

元気になりたい

健康パフォーマンスをあげたい方・キープしたい方

人生への悩みがある

他の方を救ってあげたい

嫌なエネルギーをキャッチしやすい

新しいキャリアや人生を築くパワーが欲しい

などなど

サロンでお会い出来る日を

 楽しみにしております

グリーンサークル

かわの ゆかり

#自然の力 #植物療法 #aroma #ハイルプラクティク #感情コントロール #セラピスト #エッセンシャルオイル #アロマセラピスト #ベルリン #ドイツ #植物のチカラ #自然療法科 #海外で働く #疲労 #意識 #aromacare

ドイツ式自然療法メディカルアロマケアサロン
Green Circle 東京
 通常営業時間:月〜金曜 9時〜19時(最終受付)
        土曜 9時〜12時(最終受付)
     日曜祝日休業
オンライン施術は通常営業時間以外でも調整いたします。
お気軽にお申し付けください。

お問い合わせ Mail:yukari01067@gmail.com

​Heal your body with German Organic Oil
Copyright © Green Circle, All rights reserved.
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon